FC2ブログ

ビル管合格ドットコム

建築物環境衛生管理技術者試験に合格るコツをお教えします!

外部広告
【必須】過去問題集

2013年版 ビル管理試験完全解答 (LICENCE BOOKS)

2013年度版が発売されました! この書籍(過去問題集10年分)だけは絶対必須です!

テスト投稿

ビル管コラムCM(0) TB(0)

テストします。
--以下広告
スポンサーサイト



ビル管コラムCM(0) TB(0)

ビル管試験が終了しました。
合格発表がありましたら、こちらにもリンクを掲載予定です。
--以下広告

ビル管コラムCM(0) TB(0)

ビル管(建築物環境衛生管理技術者)の第3章ともいえる空気環境の調整について
まとめます。みなさんも下記にならって自分のまとめかたで、そして自筆でまとめて
みて下さい。それがビル管合格へのコツです。

■冷媒ガス

・クロロフルオロカーボンは1995年に全面使用禁止となった
・業務用冷凍機の廃棄時にはフロン回収義務が付加された
・オゾン層破壊係数の基準はCFC-11を用いる
・冷媒ガスの地球温暖化係数はCO2を1とすると数百~数千

■オゾン

・独特のニオイがする
・紫外線の光化学反応で発生する
・室内では高電圧利用機器から発生する
・自然界では落雷の放電で発生する
・水に溶けにくく、肺気腫を引き起こす

----

空調の冷媒ガスが空気中の放たれると、オゾン層を破壊する
だけでなく、温暖化も引き起こし、その係数が二酸化炭素に
比べ圧倒的に大きくなります。

オゾンを発生する高電圧利用機器とは具体的にはレーザー
プリンタなどがあります。大量印刷したときに近づくと独特な
ニオイがあります
--以下広告

 


Copyright ©ビル管合格ドットコム. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.
Photo by sozai-free 2000px.